司法試験予備試験に1年合格したペンギンの備忘録

司法試験予備試験に1年合格したペンギンの備忘録

文学部卒。2019年夏頃から勉強を始め、2020年度の司法試験予備試験・2021年度の司法試験を通過しました。

頼むから勤務弁護士にしてくれ

【読むとよいタイミング】司法試験の後

 

 私は去年10月、Twitterきっかけで参加したZoom飲み会で事務所合同説明会のことを教えてもらい、そこから就職活動をスタートしました。(もし司法試験受験生でROMってる方がいれば、合格を機にアカウントを取得してみてはいかがでしょうか。人生が少し変わるかもしれません。)

 そういう経緯もあったため、内定の報告もTwitterでしようかな〜と思っていたんですが、内定先にアカウントバレするのも怖いので、とりあえず閲覧者数の少ないブログのほうだけで報告することにしました。

 というわけで…内定頂きました!ありがとうございます!!

 今回は、司法試験合格後から、弁護士としての就職先が決まるまでの間に読んだ本を紹介します。私はもともと司法試験受験生の知り合いが皆無の情報弱者だったので、そういった境遇の方の参考になればいいなと思っています。ならなかったらすみません。

(pixabayからのイメージ画像)

目次

即独を回避しようと思うまで

 私は文学部を卒業後、法律とは無縁の(無法地帯の)民間企業で長いこと会社員をしてしまっていました。なんとなく昔から言われていた「弁護士の就職難」のイメージも引きずっていたこともあって、就職先なんて無いんだろうな〜と思っていました。

 そのため「即独」を覚悟し、最初に『実践!法律事務所経営マニュアル』(ぎょうせい)という本を買って読み始めました。

 この本では、地方で開業することを念頭に、物件選びから看板の出し方、事件の受任ルートの開拓手段まで、幅広いテーマで方法論が紹介されています。その話もおもしろいのですが、今回はその話ではありません。

 この本には「コラム」が15個載っていて、コラム1のテーマが「即独はやめておきましょう」という趣旨なんです。理由の1つ目は、「初めての弁護士業務」だけでも大変なのに、「初めての事務所経営」を両方こなすのはもっと大変だから。理由の2つ目は、先輩弁護士から指導を受ける機会を失うから。

 弁護士なんてタウンページに電話番号を載せておけば生活に困らないくらいの仕事は来るでしょ〜、とか、業務に必要な知識は司法修習で学べるでしょ〜、とかとか、非常識な考えを抱いていた私はここでようやく目が覚めました。

弁護士就活を頑張ろうと思うまで

 んだば、ダメもとで弁護士就職を目指して就職活動をしてみようか…と思い、次に『新・弁護士の就職と転職』(商事法務)という本を読みました。

 この本の著者は、いわゆる「四大事務所」での勤務弁護士を経て、弁護士事務所を独立開業して経営弁護士を務めるかたわら、弁護士のキャリアコンサルタントヘッドハンティングの仕事もしている方です。

 副題に「72講」と書いてあるのでビビるかもしれませんが、全体で150ページほどの薄い本で、とてもコンパクトに弁護士業界の就職・転職事情が解説されています。

 また、就職活動の実践的なテクニックも紹介されています。自らの司法試験の順位に伴って、履歴書に書く内容や、面接での立ち振る舞いを変える…という話などは「弁護士就活ならでは」でおもしろいなと思いました。

 なお、この本の大きな特徴として、インハウスの転職事情も詳しく載っている点があります。私は意地でも会社員には戻りたくないと思っていたのであまり参考になりませんでしたが、きっとこれからどんどんインハウスも増えていくんだろうなあ、と思って興味深く読みました。

企業法務がいいなあと思うまで

 さて、これでようやく就職活動を始める準備が整いました。では、どんな事務所に履歴書を送ればいいのでしょうか。

 私は労働事件に携わりたくて弁護士を目指し始めたので、まずは労働事件の大家である高井伸夫先生の本を読みました(以前Twitterでも紹介した気がします)。高井先生の本を読んで、労働者側の労働問題だけではなく、企業側の人事・労務問題を扱う業務もおもしろそうだなと思うようになりました。

 そこで、次に読んだのが企業法務の第一人者・中村直人先生の本です。日経新聞の「企業が選ぶ弁護士ランキング」企業法務部門で前人未到(?)の10連覇を継続中の偉人です。

『弁護士になった「その先」のこと。』(商事法務)は、中村・角田・松本法律事務所の新人弁護士向けの研修を文字起こししたものです。朝何時に出勤して、顧問先とどうやって連絡を取って、どうやって調査して、訴訟の期日には何をしに行けばいいのか、といった方法論が具体的に書かれています。

 本の雰囲気を伝えるのはとても難しいんですが、とにかく中村先生が全力で仕事に取り組んで楽しんでいる様子が伝わってきて、ああ、こういう仕事がしたいなと率直に思いました。

 世の中にはあまり訴訟に携わらない企業法務の事務所もあると聞きますが、私はきちんと訴訟に携わる事務所に就職したいと思うようになりました。

 

 さて、もはや就職活動とは無関係ですが、中村直人先生がかっこよすぎるので、もう2冊紹介します。

 まずは『訴訟の心得』(中央経済社)です。従来、私は頑なに「紙」で本を読んできたんですが、絶版になっていたため、ついにkindleデビューしてしまいました。

 この本は、準備書面の書き方とか、証拠の出し方とか、尋問のやり方とか、弁護士向けのテクニックが書いてある本なので、なかなか修習前だとイメージがわかないかもしれません(少なくとも私は修習中に読んだ本の中で一番おもしろかったです)。

 私がこの本で一番好きなのは、あとがきです。副題は「楽しい訴訟」。少し長いですが、最後の部分を引用させて頂きます。

 訴訟の結論はどうやって決まるのか? というと、初学者は、

 「法律と証拠によって決まる」

 と答え、そこそこ勉強した者は、

 「いえいえ事件のスジですよ」

 と答える。

 さらに熟達の弁護になると、

 「難しい事件は、最後、弁護士の執念で決まるのですよ」

 と答える。

 弁護士の執念の調査、熟慮と、魂のこもった迫力の書面が裁判官の心を動かすのである。そして勝ったら必ず喜ぶことである(『ONE PIECE』のルフィのように)。

 それが戦系の弁護士である。

 突然のルフィ登場に驚きますが、それはさておき、良い文章ですよね。勝ったら喜ぶ。なお、最後の「戦」には「いくさ」とルビがふってあります。「戦系弁護士に、おれはなる!(どーん)」

 

 もう1冊紹介するのは『訴訟の技能』(商事法務)です。

 この本は、大きく分けて2部構成になっています。第1部は、元・裁判官の弁護士2名、会社訴訟の専門家弁護士1名、知財訴訟の専門家弁護士1名による座談会。第2部は、4名それぞれが書いた文章。

 座談会で中村先生が語っている内容は、『訴訟の心得』と重なっているものが多いかなという印象ですが、第2部で書いている内容はとにかく新鮮です。

 例えば、あえて「策略は有効か?」というテーマで「陽動作戦」「木に登らせる作戦」「離間の策」「ディストラクション」といった各種策略を紹介しています。決してポジティブな文脈で紹介しているわけではないのですが、そもそもこういったテーマの文献自体があまり存在しないので、とても刺激的でおもしろかったです。

おまけ:就職先を決めるまで

 すみません、話が脱線しすぎました。

 そんなこんなで(?)、企業法務をはじめ幅広い訴訟案件を取り扱う事務所に履歴書を送り、面接を経て、無事に内定を頂くことができました。

 ただ、その前に、すでに内々定を頂いていた個人事務所に決めて就職活動を終えるか、弁護士がたくさん在籍する事務所への就職活動を続けるか、非常に悩んでいました。そんな話を父にしたら、次のような話をしてくれました。

 最近になって思うんだけど、「鶏口牛後」って中国の古事成語、あれは嘘だな。鶏と牛が闘っても勝負になんかならない。鶏は鶏としか闘えないんだ。

 なんだか、わかったようなわからないような話ですよね。

 別にどちらが優れているとかではなく、それぞれに果たしている役割が異なるのだと思います。あくまで私は「多くのひとに良い影響を与えられるような仕事がしたい」と思ったので、就職活動を続けることにしました。新聞に載るような裁判って、やっぱり大きな事務所か、大人数の弁護団が担当していることが多いですよね。

 すみません、あんまり偉そうなことは書きたくなかったんですが、お断りした個人事務所の先生から遠回しに「給料で選んだんだろ」と言われて悲しかったので、こんなところでこっそりと反論させて頂いた次第でした。

 

人の演習書を笑うな

【読むとよいタイミング】論文式試験の前

 

 先日、令和4年度の司法試験があったそうです。受験された方々、本当にお疲れ様でした。つらい試験ですよね。人生でもう二度とこんな人権侵害をされることもないだろう…と思っている方々に朗報です。司法修習でさらなる人権侵害が待っています!

 …冗談はさておき。

 昨年から「伊藤真との対談のオファーが来ないなあ〜」と嘆いていたのですが、ついに最新の受験生ではなくなってしまったので、さすがに諦めました。

 そして「そういえば『受験新報』の執筆依頼も来ないなあ〜」と思っていたら、どうやら2020年夏に休刊になっていたようですね。残念。

 というわけで、勝手に書くことにしました。「オレ/ワタシの使った演習書」をドヤ顔で紹介する記事です。実はずっと憧れていたんです。

(pixabayからのイメージ画像)

目次

はじめに

 そもそも伊藤真信者なのに市販の演習書なんて使っていたのか、というツッコミが予想されますので、先に経緯を説明しておきます。演習書を「使った」と言えるほどのものではなく、ただ「読んだ」だけです。

 2020年4月8日、司法試験と予備試験の延期が決まりました。

 別に勉強のやる気を失ったわけではないんですが、なんというか、そわそわして勉強に集中できなくなってしまいました。あの初めての緊急事態宣言の感覚を思い出すのも難しいんですが、変な感覚でしたよね。

 そんな状況のもと、もともと読書は趣味なので、まあ、読むだけなら気楽でいいか〜、と思って演習書を読み始めました。

 以前、何かの記事でも紹介しましたが、河野玄斗氏の勉強法に関する本にはオススメの演習書も載っています。刑法・刑訴法・民訴法・行政法はそれを参考に買いました。残りの科目は、予備校の職員さんに紹介してもらった本です。

 どの本も勉強になったから紹介するわけですが、せっかくなので、役に立ったと思う順番に紹介します。改訂前の版を読んだものも多いので、紹介されている設問数はあくまで参考値だと捉えてください。すみません。

1. 刑事訴訟法『事例演習刑事訴訟法

 最初に紹介するのは、古江先生の演習書です。この筆者は絶対にものすごく頭が良いんだろうな、ということがビシビシ伝わってくる本です。この本に感動したからこそ、他の科目も演習書を読んでみようと思えました。

 全体的にオススメですが、個人的には「まえがき」に当たる部分が一番シビれました。一部だけ紹介すると、答案によく見られる「本件の令状は違法である。」「甲の自白は、自白法則により無効である。」といった文章の誤りを指摘した上で、次のように述べます。

A君:なるほど……。でも、えらく細かいなあ。

教員:実務法曹にとっては言葉が命なのだよ。これらは決して些細なことではない。実務法曹は、オリンピックの体操選手のように足のつま先まできちんと揃っていなければならない職業なんだ。

 引用箇所を見てもらえればわかるとおり、この本は、対話形式になっているのが最大の特徴です。33個の設問について、A君とBさんと教員が延々と議論し続けます。私はこの形式がとても読みやすかったのですが、読みにくいと感じるひともいるようです。

 ちなみに、先ほど、2つの「間違った文章」を紹介しましたが、どこが間違っているのかわかりましたか? 何の違和感もなかった、という方にこそ、ぜひ読んでほしい本です。

2. 会社法『事例で考える会社法

 いきなり長々と紹介しすぎたので、ここからは簡潔に紹介します。

 この本は全部で25個の事例を解説したものです。大きな特徴として、事例1〜6に参考答案がついています。参考答案がついていない事例に関しても、いわゆる「論証」や「当てはめ」を意識した解説がなされているので、とても参考になります。

 ただ、共著本のため、解説のわかりやすさにバラツキがあります。1人だけ、とても解説がわかりにくい先生がいます。自分の脳みそが壊れたんじゃないか…と不安になるくらい理解できない解説でしたが、某書評サイトでも同じ先生が名指しで批判されていたので、自分の脳みそが壊れたわけではないんだと思っています。

3. 行政法『事例研究行政法

 この本は、第1部から第3部まで分かれていて、それぞれ8問・17問・7問の事例問題を扱っています。

 河野玄斗氏は「時間がなければ第1部の答案構成だけでもOK」という趣旨のことを書いています。確かに第2部、第3部と進むにつれて、マニアックな話が増えてきます。読み物としては最後まで面白いですが、受験対策という観点からは第1部を読むだけでも十分かもしれません。

 私はこの本の第1部を読んでから、処分性とか原告適格について何もわかっていなかったんだな、ということにようやく気づけました。感謝しています。

4. 刑法『刑法事例演習教材』

 この本の特徴は、設問数が48個と、とても多い点です。この本で紹介されている事例について論点がすぐに思い浮かぶくらいになれば、ひとまず司法試験までは安心だと思います。

 他方、設問が48個もあるのにページ数が250ページくらいしかないので、一部、解説がとても簡素な設問があります。解説が簡素だから重要性が低い、というわけでもないので、わからない点は放置しないように気をつけましょう(添削者みたいに偉そうなことを言ってすみません)。

5. 民事訴訟法『基礎演習民事訴訟法』

 全部で30個の論点について、それぞれいくつかの設問が載っています。それぞれの設問に関する解説があった上で、それぞれのテーマにおまけの発展問題までついています。共著本なので、解説のわかりやすさには若干のバラツキがあります。

 全体的にわかりやすいし、網羅性もあるので、何も不満はないのですが、他の科目で紹介した演習書のような感動はありませんでした。(おそらく、私が民訴が一番好きな科目で、もともときちんと勉強していたからだと思います。)

6. 民法民法演習サブノート210問』

 他の科目で紹介した演習書と比較すると「演習書っぽさ」が足りないので、最後に紹介しています。この本は、タイトルにあるとおり「210問」について、問題が1ページ、解説も1ページにまとめられているものです。

 予備試験よりも司法試験に顕著な特徴ですが、民法では「小テスト」のような設問が出題されます。私が受けた令和3年度の民法にも「指図による占有移転でも即時取得できるか?」という簡単な問題が含まれていました。(令和2年度は予備試験でも「後見人就任後に追認拒絶できるか?」という小テストみたいな問題が出ました。)

 他の受験生に尋ねたことがないのでわかりませんが、民法だけは「全部の論点を網羅してるよ!」って胸を張って言える受験生がいないのではないでしょうか。この本で取り上げられている210問はほとんど全てが重要なものなので(少しだけ特別法がらみのマニアックな問題が含まれますが)、抜け・漏れがないかの最終確認のために読んでみてもいいと思います。

7. 憲法『事例問題から考える憲法

 憲法については、前回、詳しく書いたのでそちらの記事をご参照ください。

article23.hatenablog.jp

番外編 労働法『事例演習労働法』

 今回は予備試験前に読んだ演習書を紹介する記事なので、労働法は「番外編」としておきました。ただ、救われた度合いとしてはトップです。以下の記事で詳しく紹介しているので、労働法選択の方はぜひ覗いてみてください。

article23.hatenablog.jp

 と、ここまで書いて気づいたんですが、令和4年度からは予備試験でも選択科目が必要なんですね。選択科目で悩んでいる方にも役に立つかと思うので、よければぜひ覗いて見てください(しつこいですね、すみません…)。

おわりに

 伊藤真信者としては、伊藤塾の『問題研究(過去問を含む)』と各種答練で扱う問題だけで、十分に論文式試験を通過できると思っています。では、演習書を読むメリットって何でしょうか?

 それは、予備校の「論証パターン」以外の論証の仕方を知ることだと思います。こんな論述の仕方もアリなのか、ということを知ることで、論証の自由度が上がります。少し比喩的な表現になりますが、可動域が広がるイメージです。

 また、反対説を丁寧に学習することで、自説の説得力が上がります。添削していると、「このひとは問題の所在がわかっていないな〜」という答案は(たとえ論証パターンを正確に書き写してあっても)すぐわかってしまいます。反対説を学習すると対立点が明確になりますので、少なくとも「問題の所在がわからないのに論証する」ということがなくなります。

 

 そんなわけで、伊藤真信者が市販の演習書を読むメリットを総括すると、「恋人以外の異性とデートしてみて、あらためて恋人の素晴らしさを知る」みたいな感覚なんですが……あんまり良くない比喩ですよね。まあ、それに比べれば、演習書を読んでも誰からもバッシングされませんから、気分転換に1冊くらい読んでみてもいいんじゃないでしょうか。

 

憲法記念日

【読むとよいタイミング】論文式試験の前

 

「この答案はF評価だね」と君が言ったから、一月二十二日は憲法記念日

 

 新聞の憲法記念日特集を読みながら、アホみたいな短歌を思いつきました。1月22日というのは、予備試験の論文式試験の成績のハガキが届いた日です。成績表は憲法が一番上に載っていますので、私は「F」の文字を見て、合格発表後なのに「落ちた…」とショックを受けたことを覚えています。

 まあ、1科目くらいF評価があっても予備試験は通過できます。会社の同期から「確かに、人権感覚が欠如していそうだもんね」と笑われてしまいましたが、今となっては良い思い出です。

 というわけで、悪天候のためお出かけの予定も無くなってしまったので、だらだらと「試験科目としての憲法」について書きます。

目次

予備試験前の勉強

 実は、予備試験の結果が出る前まで、答練や模試で、憲法は「得意科目」でした。予備校が公表する「模範解答」を研究して、それに近い答案をいつも書いていたので、いつも当然に高得点を取れていたからです。

 そのため、予備試験前にはそんなに憲法の対策をしていませんでした。普通に予備校の講座を受講していただけです。

 ただ、予備試験の延期が決まった後、やることがなくなってしまったため、演習本を1冊読みました。予備校の職員さんに紹介してもらった『事例問題から考える憲法』(有斐閣)です。

 この本を読むと、憲法が問題となる未知の事例に対して「何条(どの権利)の問題なのか?」を判断する能力が養われます。「権利の設定を間違えると減点が大きい」などと言われますが、それを失敗せずに済んだのはこの本のおかげだったかもしれません。

司法試験前の勉強その1

 そして、満を持して、自信満々で受けた予備試験。結果はF評価でした。

 最近、受験生の答案を添削をする側にまわって実感したのですが、憲法は非常に採点しづらいです。論理的に正しいけど経験則が常識外れの答案。エモーショナルで感動的だけど問題文から乖離した答案。いろんな答案があります。結局、模範解答に近い無難なことが書いてある答案を高得点にしてしまいます。

 しかし、司法試験や予備試験の採点者が好む答案は、私の書いたようなものではありませんでした。(こういうとき、再現答案を晒せばわかりやすいんだろうな〜とは思いつつ、予備校と「他所には晒さない」という約束をしたので、晒せません。F評価の答案なんて晒しても全く影響なさそうですが、まあ、約束は約束なので…)

 というわけで、私の中で「模試で評価される答案 ≠ 本番で評価される答案」ということが明確になったので、司法試験に向けて、「本番で評価された答案」を読むことにしました。買ったのは、辰巳が出版している『ぶんせき本』です。

 このシリーズに掲載された答案のうち、公法系の点数が高いものを数年分すべて読みました。私はとにかく他の受験生が書く文字数の多さに驚きましたが、それ以外にも、読んでいると様々な共通点を見つけることができます。

 一例だけあげると、評価が高い答案は、問題となる権利をかなり細かく具体的に設定していることがわかります。「集会の自由」などと設定せず、「顔を隠してデモ行進に参加する自由」と設定するのです。そうすると、権利の重要性や制約の程度に関する論述も、連動して具体的になります。自分がこれまでいかに類型的で表層的で浅薄な論述をしていたかを痛感しました。

司法試験前の勉強その2

 先ほどあげた『事例で考える憲法』は大変勉強になりますが、残念ながら「模範解答」は載っていません。私は予備試験で叩きのめされて、もう一体どんな答案を書けばいいのか全くわからなくなってしまっていました。そのため、きちんと「模範解答」が載っている本を読むことにしました。受験生おなじみの『憲法ガール』シリーズ(法律文化社)です。

 この本で示されている模範解答は、予備校が出している模範解答とは大きく異なるものでした。この本からは、判例を意識して答案を書くことの必要性を学びました。判例の結論に肯定的な考えであれ否定的な考え方であれ、とにかく「判例の示した規範」という共通認識をもとに議論を組み立てないと、ただの作文になってしまいます。

 ちなみに、この本のラノベ部分は冒頭だけ読んで全身が痒くなってしまったので、ほとんど読み飛ばしました。模範解答と解説部分だけでも十分楽しめますので、もしイラストなどに抵抗感がある方も、あまり「食わず嫌い」せず、気軽に読んでみてください。

 

 このほか、司法試験の出題趣旨や採点実感を何度も読み返しました。(最後に紹介してしまいましたが、これが一番大事な対策だったかもしれません…)

 予備試験の結果発表から4か月弱、いろいろな対策を試みた結果、司法試験の公法系第1問はA評価でした。こんな短期間で人権感覚を養えたわけではないと思うので、おそらく、小さな心掛けの積み重ねの成果だったのだと思っています。めでたしめでたし。

おまけ

 時系列が前後しますが、予備試験の論文式試験が終わった後、結果が出るまでの間に読んだ本を2冊紹介します。(まさかF評価だとは夢にも思わず、これ以外にも憲法関連の本を3冊も読んでいましたとさ…)

 1冊目は、木村草太氏の『憲法という希望』(講談社)です。選択的夫婦別姓や沖縄の基地問題などの具体的な社会問題を題材に、憲法の使い方・活かし方が解説されています。

 この本は、市民に向けて行われた講演がベースになっているため、とても読みやすいです。「安倍政権」や「辺野古」などのワードが懐かしくなり始めている昨今、新鮮な気持ちで読めるかもしれません。

 ちなみに、この本には、かつてNHKの「クローズアップ現代」のキャスターをしていた国谷裕子さんとの対談も収録されています。私は国谷キャスターのファンだから…という理由でこの本を読みました。対談部分もとても面白かったです。

 

 次に紹介するのは、井上達夫氏の『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』(毎日新聞出版)です。私はこういう“狙った”書名は嫌いなんですが、本の中身まで嫌いになりませんでした。むしろ、昨年読んだ本の中でもトップクラスに面白かったです。

 通称『リベ・リベ』は、続編として『憲法の涙』(毎日新聞出版)という本が出版されています。前作に比べると内容が細かく詳しくなっているので若干読みにくいですが、前作が楽しめた方は間違いなく楽しめると思います。

 井上達夫さんは、言わずと知れた、法哲学の第一人者です。私はお恥ずかしながら、法律の勉強を始めるまで名前も存じ上げませんでした。法哲学なんぞ司法試験には直接関係ない分野ではありますが、知っておいて損はないと思います。

 そして、このシリーズを読めば、憲法9条なんて削除したほうがいいんじゃないか…と思うようになります。まあ、ただ、「護憲」とか「改憲」とか言い始めると、憲法記念日っぽい記事になってしまうので、その話はやめておきますね。