司法試験予備試験に1年合格したペンギンの備忘録

司法試験予備試験に1年合格したペンギンの備忘録

文学部卒。2019年夏頃から勉強を始め、2020年度の司法試験予備試験・2021年度の司法試験を通過しました。

そして私もいなくなった

f:id:article23:20210706224634j:plain

 

※この記事は司法試験や勉強法と無関係です。

 

 南極地方のコウテイペンギンは、数万羽規模の巨大なコロニー(集団)を作って生活します。空を飛べないペンギンは、鳥のようにどこかにフンを落とすことができないため、フンを足元にそのまま垂れ流すことになります。そして、足元にある程度のフンがたまって生活できなくなると、キレイな雪を求めてコロニーごと引越しをするんだとか。

 それを何度も繰り返すと、南極の白雪の上、ペンギンたちのフンによる茶色い「染み」が、衛生写真でも確認できるほど大きくなります。そのため、研究者は実際に南極に行かなくてもペンギンのコロニーを確認できるようになり、個体数の増減を把握しやすくなったそうです。

 それによって、南極のペンギンが「いつの間にか絶滅していた…」なんて事態を防ぐことができるようになったようですが、できればそんな事態になる前に、環境の激変を緩和できるといいですよね。レッツ、エコロジー!ストップ、地球温暖化

 さて、司法試験終了後、当初は「note」にフンのような記事を撒き散らしてきた当アカウントも「はてなブログ」へと引っ越して参りました。

・note跡地

note.com

 noteで記事を書き始めて数日後、「アクセス状況」を確認して、こんな記事を読んでくださる方がいらっしゃるんだ…と感動したことを覚えています。しかし、よくよく調べてみると、表示を確認するために自分でアクセスしたもの(およびトップページのアクセス?)がカウントされているだけでした。

 それ以降、「ダッシュボード」をブックマークして、自分の記事を踏まないように注意深く利用したところ、それでもアクセスがゼロにはならないことが確かめられました。本当にこんな記事を読んでくださる方がいらっしゃるんだ…と再び感動したことを覚えています。

 その後、「どこから見つけてくれたんだろうか?」「どんな検索ワードで辿り着いたんだろうか?」という興味が次々と湧いてきましたが、noteでは確認する術がありませんでした。通常のGoogle Analyticsも埋め込めない。

 というわけで、noteでは自分の知的好奇心を満たせないと思ったのが引越しの理由です。自分で自分の記事(およびトップページ)を踏まないようにコソコソ利用することにも疲れました。

 noteからの引越しを検討するにあたり、下記リンクの方のブログがわかりやすかった(かつ、noteのその他の問題点に関する記事もおもしろかった)ので、自分への備忘録ということでリンクを貼らせて頂きます。

petitmatch.hatenablog.com